歯医者に通うタイミングを教えます

いつから歯医者に連れていくかお悩みではありませんか?

うちの子は、いつ歯医者に連れて行けばいいんだろう?

こんな疑問を持ったことはありませんか? 歯医者へ通うタイミングには明確な決まりはありませんが、歯医者視点で考えたときにアドバイスが必要な時期はあります。そのタイミングをお教えしますので、お子さんをまだ歯医者へ連れてこられたことがない方はぜひ参考にしてください。

乳歯が生えたとき

乳歯が生えてくるのは、生後6~8ヶ月。乳歯はエナメル質が薄く永久歯よりもやわらかいので、虫歯菌への抵抗力が低くなっています。この時期はまだブラッシングは不要ですが、食事後にはガーゼなどで歯に付着した汚れを取ってあげてください。

歯が生えそろったとき

歯が生えそろうのは、1歳6ヶ月~3歳。上下の前歯12本、奥歯4本の乳歯が生えそろいます。自治体が運営している1歳半健診や3歳健診を受けましょう。そして、もし虫歯などが見つかった場合は、当院までご相談ください。

生え替わりはじめたとき

6歳を過ぎてから12歳になるまでに乳歯が永久歯に生え替わります。乳歯が抜けた場所はデコボコになるので、磨きづらくなります。乳歯が抜けたところを中心にしっかり磨いてあげてください。

まえへ

「歯の妖精がでてくる?」

日本では、下の歯が抜けたら屋根の上へ投げる、上の歯が抜けたら縁の下へ入れるといった風習がありましたね。これは日本でだけの話で、実は海外でも変わった風習があるんです。

アメリカなど数ヶ国では、乳歯が抜けると「抜け歯を枕の下において寝る」という風習があります。すると、夜中に歯の妖精がやってきて、歯をお金と取り替えてくれるとの言い伝えがあるそうです。おもしろいですね!

歯医者嫌いにさせないために