気になる歯並びは早めに治しましょう~小児矯正~

お子さんの歯並びが気になる親御さんへ

お子さんの歯並びが気になる場合は、矯正治療をご検討ください。矯正治療は大人になってからでも受けられますが、小さいうちに矯正治療を受けることで多くのメリットを得られます。子どものうちに矯正を行うメリットは以下のとおりです。

小児矯正のメリット

メリット 1 抜歯を防げることが多い

子どもの頃に顎の成長を利用して矯正治療を行っておくことで、将来的に本格的な治療が必要になったときに抜歯をせずに済む可能性が高まります。

メリット 2 顔つきが整う

成長期に矯正治療を行うことで顎の健全な発育が促され、均整のとれた顔つきになる可能性が高まります。

メリット 3 矯正期間が短くなる

子どものうちに矯正治療を行うことで、大人になってから本格的な矯正治療を行うときに治療期間を短縮できます。

メリット 4 コンプレックスの回避

多感な子どもは、歯並びの乱れがコンプレックスになることがあります。矯正治療によってコンプレックスを持たずに済みます。

こんなクセがあったら要注意です

お子さんの歯は成長しており、常に動いています。そのため、大人の歯よりも外部からの刺激の影響を受けやすく、指しゃぶりや爪噛み、頬杖などによって歯に過度の力が加わると歯並びが乱れてしまうことがあります。

指しゃぶり

指しゃぶり

爪噛み

爪噛み

頬杖

頬杖

PICKUP! 口呼吸も改善しましょう

口呼吸は、お口の中を乾燥させます。口の中が乾燥すると唾液の分泌が少なくなり、虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすい口腔内環境ができあがってしまいます。口呼吸をしている場合は、やめさせましょう。

今すぐ歯並びチェック

お子さんは次のような不正咬合(乱れた歯並び)になっていませんか? お子さんの歯並びがいずれかの不正咬合に該当する場合は矯正治療が必要です。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
下顎前突
(かがくぜんとつ)
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
空隙歯列
(くうげきしれつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯が下の前歯よりも前に突き出している状態。いわゆる出っ歯です。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下の前歯が上の前歯よりも前に突き出している状態。いわゆる受け口です。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下ともに前歯が前方に突き出している状態。

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間が空いている状態。いわゆるすきっ歯です。
叢生
(じょうがくぜんとつ)
過蓋咬合
(かがいこうごう)
開咬
(かいこう)
交叉咬合
(こうさこうごう)

叢生(じょうがくぜんとつ)

歯がまっすぐ生えず横や斜めに生えている状態。八重歯も叢生の一種です。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯列によって下の歯列が完全に覆われてしまっている状態。

開咬(かいこう)

奥歯を噛み合わせたときに、上の前歯と下の前歯の間に隙間ができる状態。

交叉咬合(こうさこうごう)

前歯または奥歯が左右にズレている状態。

矯正方法紹介「床矯正」

床矯正は、顎の正しい成長を促すことで歯がキレイに生えるためのスペースを確保する矯正治療です。顎の骨を正常な大きさ・形に発達させることによって、自然に歯列を整えることができます。

床矯正のメリット
  • 装置が取り外せるのでお手入れが簡単
  • お手入れがしやすいので、虫歯になりにくい
  • 自然に動かすため、矯正治療中の痛みや違和感が少ない
  • ブラケットを使った矯正治療よりも治療費用が安い

まえへ

「キレイな歯並びでパワーを発揮?」

矯正治療の目的は、歯並びの見た目の改善と思われがちですが、本来の目的は咬み合わせの回復です。重いものを持つときなど力を入れるときに人は無意識に食いしばっています。しかし咬み合わせが乱れていると顎の位置がズレて、うまく力が入らなくなるといわれています。咬み合わせが悪いと無駄な筋力を使ってしまい、本来の運動に必要な力を発揮できなくなってしまいます。

現に、成績不振だったスポーツ選手が、矯正治療やマウスピースの装着で咬み合わせを改善することによってパフォーマンスを発揮できるようになり、活躍したというエピソードもたくさんあります。趣味でスポーツなどをされている方は、咬み合わせの改善をしてみてはいかがでしょうか? 成績が上がるかもしれませんよ。

お子さんを虫歯にさせないために