出産後に気をつけること~お子さんを虫歯から守るために~

乳幼児をお持ちの親御さんへ

おかあさんから虫歯がうつることがあります

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、実は虫歯菌はいません。では、どうして虫歯になるのでしょう? それは。「感染の窓」と呼ばれる期間(生後19ヶ月~31ヶ月の間)に、母親を含めた家族などから、赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が感染してしまうからです。
虫歯の原因菌は感染するのが遅ければ遅いほど、その後の虫歯の本数が少ないというデータがあります。

PICKUP! お子さんといっしょに親御さんも虫歯予防を

母親に虫歯菌が多い場合、子どもも母親と同じように虫歯になりやすくなるという報告もあります。お子さんのケアだけでなく、おかあさん自身もしっかりケアして虫歯にかからないことも大切です。

授乳中の治療について

授乳中に歯科治療を受ける場合は、特に気をつけることはありません。それでも心配な方は、前もって歯科医師に「授乳中である」ことを告げましょう。

授乳中のレントゲン撮影もOKです

授乳中のレントゲン撮影についてはまったく心配ありません。

授乳中の飲み薬について

赤ちゃん(乳児)が生後3ヶ月を過ぎていれば、おかあさんが抗生物質を含んだ飲み薬を飲んでも母乳の影響はほとんどありません。また、赤ちゃんが生後3ヶ月未満の場合でも、母親が飲み薬を飲んでから5時間を過ぎれば母乳への影響はまずありません。それでも心配な方は、お薬を飲んでいる期間だけはミルクにするのもひとつの手です。

まえへ

「妊婦さんにおすすめの飲み物」

たんぽぽ茶

中国やヨーロッパで古くから飲まれているたんぽぽ茶には、妊娠中や授乳中に不足しがちな栄養が多く含まれているといわれています。ちなみに、たんぽぽ茶はノンカフェインなので、妊娠中の方や授乳中の方にも安心して飲める飲み物です。

ルイボスティー

南アフリカに自生する植物「ルイボス」には、ミネラルを多く含んでいるといわれています。ノンカフェインでミネラルがバランスよく含まれていることから、妊婦さんにぴったりの飲み物として最近話題になっています。

子どもを虫歯から守るには?