虫歯にさせないために~小児歯科~

小児歯科では虫歯を作らないための処置をします

乳歯は永久歯よりも薄くやわらかいため、大人以上に虫歯に気をつけなくてはいけません。そのため、小児歯科では虫歯予防に注力しています。

「虫歯になっても生え替わるから大丈夫」と考えていらっしゃる方がいますが、その考え方はNGです。なぜなら、乳歯が虫歯になって永久歯が生えてくる前に抜けてしまうことで、歯並びが乱れることがあるからです。また、乳歯の虫歯が歯の付け根にある場合は永久歯が虫歯になってしまう恐れもあります。

子どもの虫歯だからと甘く見ず、お子さんの歯を虫歯から守るために、虫歯予防をお考えください。虫歯になる前に予防ができれば、お子さんは痛みを感じず、歯医者に対して嫌なイメージも付きにくくなります。

虫歯予防処置メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さんの現在の歯並びや顎の成長の度合いを考慮し、適切なブラッシング方法をレクチャーします。磨き残しやすい箇所などをお教えしますので、ぜひ仕上げ磨きなどに役立ててください。

フッ素塗布

フッ素塗布

虫歯菌への抵抗力を高める働きを持つフッ素を歯に塗ることで、虫歯に強い歯にします。乳歯や生えはじめの永久歯に効果的ですので、歯が生えたとき、生え替わりのタイミングでお子さんに受けさせてあげてください。

シーラント

シーラント

六歳頃前後で「六歳臼歯という奥歯が生えてきます。この奥歯には深い溝があり、汚れが溜まりやすく虫歯のリスクが高くなっています。そこで奥歯の溝に樹脂を詰めることで、汚れを溜まりにくくするのがシーラントです。

過剰歯の抜歯

術前

術後

本来生える本数より多く歯が生えてくることがあります(この歯を過剰歯といいます)。この過剰歯が検査で見つかり、歯並びが乱れる恐れがある場合は抜歯を行います。

唾液テスト

唾液は、口腔内を洗浄する自浄作用を持っています。唾液の分泌量が少ない場合はそれだけ菌が増殖しやすく、虫歯や歯周病になりやすい状態になります。

ムーシールド

受け口を改善するためにつくられた矯正装置を使った矯正治療です。乳歯の段階で装置を装着し、健全な顎の発育を促します。就寝時のみ装着すればいいので、装置の装着を嫌がるお子さんにもおすすめです。

まえへ

「出刃包丁の由来」

「出刃包丁」というと、分厚い刃が出ているという意味で「出刃」になったと思われている方が多いかもしれません。しかし、出刃包丁の由来は、江戸時代に鍛冶屋から転業し出刃包丁を発明しつくった職人さんが出っ歯だったからだといわれています。出っ歯のつくった包丁は凄い!という噂が広がり、「出刃包丁」と呼ばれるようになったんだそうです。

お子さんの歯が生え替わったら