生え替わりの時期はケアが大切です

お子さんの歯が生え替わったら

乳歯から永久歯への生え替わりの時期には個人差がありますが、おおむね六歳前後で生え替わりがはじまります。乳歯のいちばん奥の上下に1本ずつ計4本の永久歯(六歳臼歯)が生えたら、生え替わりのサイン。六歳臼歯が生えそろったら前歯から順に乳歯が抜けていき、永久歯が顔を出します。

そして、この生え替わりの時期に注意したいのが、お口のケアです。生え替わったばかりの永久歯は「幼若永久歯」といって歯の表面のエナメル質が未成熟なので虫歯になりやすく、入念なケアが必要になります。

幼若永久歯はなぜ虫歯になりやすい?

生えたばかりの幼若永久歯の表面を拡大して見ると、月面のクレーターのような穴がたくさん開いています。歯は表面が粗く、汚れもつきやすく落としにくい構造になっているのです。また、酸に対しても十分な抵抗力がありません。5年くらいで幼若永久歯はクレーターが平らになるのですが、虫歯になる危険性が高く、ケアが必要というわけです。

お口のケア方法

ご自宅でのケア

仕上げ磨き

仕上げ磨き

生え替わりの時期は、生えている途中の歯があったり、乳歯が抜けてすき間ができたりと歯が全体的にデコボコしています。歯磨きが難しいので、点検・確認の意味も兼ねて親御さんがしっかり仕上げ磨きをしてあげましょう。

歯科医院でのケア

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯の質を強くする(歯質強化)、歯から溶け出したカルシウムなどを再び歯に沈着させる(再石灰化の促進)、プラーク中で酸がつくられるのを抑える(酸産生の抑制)などの働きがあります。小児歯科で受けられるので、生え替わったらぜひフッ素塗布を受けさせてあげてください。

シーラント

シーラント

シーラント(歯の溝に樹脂をうめる予防処置)も虫歯予防に効果的です。樹脂を詰めることで汚れが溜まりにくくなり、虫歯になりにくくなります。

まえへ

「歯はダイヤモンドで削る」

ダイヤモンドは、この世の中でもっとも硬い物質として知られており、工業ではダイヤモンドを加工した機械により、ガラスの切断など、いろいろな切削器具に利用されています。

そして、実はダイヤモンドは歯科でも使われています。用途は虫歯などで歯を削るため。歯の表面をおおっているエナメル質は非常に硬く、ダイヤモンドでないと削れないからです(モースという硬度の単位ではダイヤモンドが10、エナメル質は7とされています)。

おじいちゃんおばあちゃんに気をつけていただきたいこと